人生シーケンスブレイク

シーケンスブレイクとは

Ubuntu, Windows10をUEFIでデュアルブートにした

要件

普通にデュアルブートして利用していたら、ある時を境にUbuntuWindowsも起動せず、Windowsリカバリを試みても復活できない状態になってしまった。 幸いまだ環境構築したばかりだったことと、調べたらUEFIモードでブートした方がよいとのことだったので、再インストールしてみた。

UEFIのメリット

  • 高速なシステム起動/シャットダウン

ぐらいしかなかった。セキュアなブートもあるらしいが、BIOSUEFIブートを選択するとデフォルトでdisableになるし、調べた限りではトラブルの種になるとのことで非推奨だった。

インストール手順

  • BIOS設定で、boot関連の設定から、UEFIモードを選択する
  • Windows10を先にインストールする
  • Ubuntuをインストールしその際にブートローダGRUBを選択する

インストール順を逆にしたらGRUBWindowsが認識されない時があったので、確実に認識されるこの順序にした。

UbuntuUEFIで起動されていることの確認

/sys/firmware/efi/ ディレクトリがあればUEFIで起動されていることらしい。

$ ll /sys/firmware/efi/
Permissions Size User Group Date Modified Name
drwxr-xr-x     - root root  22  4月  0:08 .
drwxr-xr-x     - root root  22  4月  0:08 ..
.r--r--r--  4.1k root root  22  4月  0:53 config_table
drwxr-xr-x     - root root  22  4月  0:08 efivars
drwxr-xr-x     - root root  22  4月  0:10 esrt
.r--r--r--  4.1k root root  22  4月  0:10 fw_platform_size
.r--r--r--  4.1k root root  22  4月  0:53 fw_vendor
.r--r--r--  4.1k root root  22  4月  0:53 runtime
drwxr-xr-x     - root root  22  4月  0:53 runtime-map
.r--------  4.1k root root  22  4月  0:53 systab
drwxr-xr-x     - root root  22  4月  0:53 vars

Windowsによりファイルシステムが破壊されない処置

Windows10の設定で、高速起動とハイバーネート(休止状態)を無効にしておく。

デュアルブート環境でWindowsを触っていたら、1週間も経たない内にUbuntuWindowsも起動できなくなってしまった。 調べてみたところ、他のデュアルブート環境のユーザーでも同様の症状があるらしく、askubuntuではWindowsの高速起動とハイバーネートの無効化が回避策として推奨されていたので、因果関係は不明瞭だが無効にしておくことにした。

その分Windowsの起動が遅くなると思われるが、Windowsはサブなので個人的にはそれで問題ない。

その後

2週間位UEFI環境で利用しているが、今回は大きなトラブルに見舞われていないので恐らく問題なさそう。

参考