人生シーケンスブレイク

シーケンスブレイクとは

Happy Hacking Keyboard HYBRIDのキーマップ変更ツールはDvorakユーザーが使うには難しい

以前 Happy Hacking Keyboard HYBRIDのキーマップ変更機能が残念だった #hhkb - 人生シーケンスブレイク と書いたけど、Dvorakユーザーにとっての要点だけ整理してみた。

f:id:ShineSpark:20200417013926p:plain

Dvorakユーザーの憂鬱と、ハードウェアリマップへの期待

主にソフトウェアリマップで困ることなんだけど、

  • 新しい環境の使い始めにQWERTYになってしまう
  • ホストOSではDvorakなのに、仮想OSでQWERTYになってしまうことがある
    • AWS WorkSpacesとかね
    • iOS Simulatorもか
  • リマップ方法によってはリマップが完全でなく、一部でQWERTYになる
  • 人のPCを使う際にQWERTYで困る
    • 設定を変えるわけにもいかないし

ハードウェアリマップならこれらが解決されるのでHHKB HYBRIDにものすごく期待してたんだ。

購入後、早速キーマップ変更ツールを使ってみた。

デフォルトのキー配列

f:id:ShineSpark:20200417014320p:plain
通常レイヤー

f:id:ShineSpark:20200417014105p:plain
Fnレイヤー

ご存知の通りこうなってますと。

Dvorak配列用にキーマップの変更を試みる

Dvorak配列の Z は右シフトキーの隣。Z のリマップを試みると、

f:id:ShineSpark:20200417015100p:plain

嫌な予感のするアラートが出て、そのままOKすると、

f:id:ShineSpark:20200417014856p:plain

キーとして長年利用していたキーが として利用できなくなる。

どうすることもできない。
他にFnレイヤーにZキーが残っていたとしても書き換えられてしまう。

ツラい。

この制限についてのアナウンス

公式サイト Happy Hacking Keyboard | HHKB HYBRID | PFU には、

※特別な機能を割り当てられた一部のキーを除く。

としか書いておらず、Modifierキーのことかどうかが分からない。

HHKBキーマップ変更ツールのヘルプには Q, Z, X キーなどはFnキー押下時のリマップができないと書いてあるけれども、HHKB HYBRIDをUSB接続しないとツールを立ち上げられない ≒ 購入後でないと分からない。

f:id:ShineSpark:20200417022342p:plain

数万円の出費をしてから気付く。ツラい。

妥協案

ハードウェアリマップが現状ツラいので、他のアプローチを取らざるを得ない。

妥協案1. キーの右隣を とする

f:id:ShineSpark:20200417015833p:plain

  • 直感的でなくなる
  • カーソルキーの中で最も利用頻度の高い キーまでの距離が遠くなる
  • 新しいマッピングに慣れる必要がある
  • ソフトウェアリマッピングして利用しているHHKB Classicとカーソルキーの位置が変わってしまう

会社用、自宅用とHHKBを使い分けているので、
ハードウェアリマップできないHHKBとはカーソル配置が変わってしまうことが致命的な為NG

他のキーや、カーソルキー全体をズラすことも考えたけれども、デメリットが多くて辞めた。

妥協案2. ハードウェアリマップを辞めてソフトウェアリマップを使う

ハードウェアリマップによってどの環境でもDvorak配列が利用できると思って買ったDvorakユーザーにとって、ハードウェアリマップできずQWERTYを利用せねばならないのであればHYBRIDを買ったメリットが殆どなくなってしまう。

元々Type-Sを利用していたので、無線になったことぐらいしか恩恵が得られない。
とはいえ、ハードウェアリマップの弊害の方が大きいのでこの方法を採らざるを得ない。

妥協案3. 他のキーボードを使う

結局KINESISキーボードに逆戻りした。

静電容量方式じゃないのが不満だけれども、Dvorak印字モデルが販売されてるぐらいなのでDvorakユーザーにとってとっても使いやすい。 もちろんハードウェアリマップなので差すだけでどの環境でもDvorakが使える。

PFUへお願い

下記のような対応などで、この問題を解決してくれることを強く希望します。

  • Q,Z,XキーもFnレイヤーの個別リマップができるようにして欲しい

"ペアリング削除"などの操作に使うキーといえど、別に通常レイヤーとFnレイヤーを同じキー配置でなくてもいいのではとユーザーとしては思います。

新型コロナウイルスで大変な時期ではありますが、次回以降のファームウェア更新で改善されることを切に願っております。