人生シーケンスブレイク

シーケンスブレイクとは

入力ソースが3種類以上ある時にVimで検索しようとするとIMEがおかしくなることがあった

macOSの入力ソースを3種類以上設定されている際に、MacVimで iminsertimsearch の設定を0以外に設定していると想定通りにIMEが切り替わらない事象があった。

f:id:ShineSpark:20200221195803p:plain
入力ソースが3種類ある例

Dvorakユーザーなので、Kinesisなどのハードウェア上でキーボードレイアウト変更が可能なキーボードの場合には ABC (QWERTY) を、 ハードウェア上でレイアウト変更ができないキーボードの場合には Dvorak を適宜選んで利用していた。

が、Vim起動後に QWERTY / Dvorak を切り替えると IME On / Off でなく QWERTY / Dvorak になったりしてしまった。

モード切り替え時にVim上からIMEを制御しないように、

set iminsert=0
set imsearch=-1

とすることで対応した。